BIOGRAPHY

ヘヴィーなリフとメロディアスなヴォーカルを支える重厚なアンサンブル、 その根底に流れるプログレッシブな精神と高度な構築美・・・ “ドラマティック・テクニカル・メタル” それがSEVENTH SONの追求するサウンドである。

2000年、大谷 保泉(G、ex GUARDIAN'S NAIL)、正田 泰(Dr、ex Nautiluss,GUADIAN'S NAIL)と鈴木 善之(B、ex啓示)によって結成。

2000年8月、大隈 秀徳(Vo)を迎え活動を開始。

2003年2月、大隈 秀徳(Vo)が一身上の都合により脱退。

2004年12月、元Zeal CameraのYama(Vo)が加入

2005年1月、最強のラインナップにてライブを開始、1年間精力的に活動しバンドの一体感を高めると同時に楽曲制作も開始した。 2006年1月、レコーディング開始。

2008年2月、SEVENTH SON初の公式1stアルバム”JUDGMENT BELLS”をBlack-listed Recordsよりリリース。

2009年3月、Yama(Vo)が体調を崩し脱退。 ライブ活動を停止し、次作の楽曲制作に入る。

2010年10月、体調の回復したYama(Vo)が電撃復帰。SEVENTH SONは再び最強のラインナップになる。

2011年1月、積極的にライブ活動を再開、同時に次作の楽曲制作に入る。 2012年10月、レコーディング開始。

2013年8月、2ndアルバム”Fates For Destination”をBlack-listed Recordsよりリリース。

2013年9月1日の発売記念イベントでアルバム収録曲を完全再現、多方面で賞賛を受ける。
そのライブを皮切りに”Fates For Destination Tour 2013-2014”全国ツアーを敢行、東京、大阪、名古屋、仙台なども含む全18公演を行い、各地で大盛況を収めた。

2014年11月30日、その集大成としてバンド初のワンマンライブを吉祥寺クレッシェンドにて敢行。
ゲストにVigilanteを迎えたこのライブは見事にSOLD OUTし、各方面から大絶賛された。

2015年2月、SEVENTH SONは結成15周年を迎え新たなアルバム制作に向けリハーサルを開始。

SEVENTH SONは再び大空に向かって羽ばたくため、着々と準備を進めている。

  • banner_1
  • banner_2
  • banner_3
  • banner_4
  • banner_5
  • banner_6